🔰初心者が林道行ったりキャンツーしたりするブログ

オフ車2台(YZ125X, WR250R)とCBR650F。最近ロードバイクも始めました。バイク遊びやトランポいじりを書いていきます。

エンジョイエンデューロ@HSR九州オフロードに参戦!

10月29日に熊本のHSR九州で開催されたエンジョイエンデューロ(第5戦)にYZ125Xで参戦してきました。今回はエンデューロデビューの2人と一緒に3人チームを組んでます!

 

 初心者3人組の結末はいかに!?

 

1人目は2012年以来のリターンとなるHさん、これまでずっとオンロードだったそうで、オフロードは初めてです。今回はオンロード時代のフルフェイスヘルメットで参戦、ヘルメットの後ろを覗き込んでみると、、、そこには「匠」の文字が!

ニックネームは「匠」で確定です(笑)。

 

2人目は現在バイク免許を取得中のY君、そしてボクの3人です。

 

 

 天気は雨

先週の半ばまでは天気予報は晴れ予報だったのに、台風のせいで雨予報に変化。ここ2週間、ヤツは週末を狙ったように近づいてきます。本当についてないです。

 

もう、何度天気予報を見直したことか、、、、、demoやっぱり雨

 

 

こんなんだったらどうしよう。二人とも二度とバイクやらないって言うかも。

f:id:chii_mei:20171030211355p:plain

 

 結局前日から雨が降り始め、徐々に雨足がつよくなってきました。夕方に山口から熊本に向けて出発。クヨクヨしても仕方ないので、ホテル近くの居酒屋で熊本名物馬刺しを頂きながら、早めに就寝。

 

 

 そして翌日、レースのドキドキ感で朝4時に目が覚めてしまい、そこからYoutubeでマディコンディションのエンジョイエンデューロの動画をずっと眺めていました。そして、午前7時半、雨の中をいよいよHSRに向けて出発!

 

9:00 受付・車検

 8時ごろにHSRに到着。入口近くにはコースマップの看板があります。

f:id:chii_mei:20171031074336p:plain

 

 

 雨の中、バイクをサンバー君から降ろしてダラダラと準備してると車検の時間にちょっとだけ晴れ間が見えてきたんですが、路面はべちょべちょなんですよね。

 

ゼッケン番号23、ビギナーズ・エンデューロと同じ番号です。

 

9:30 ブリーフィング

 練習走行を前にコースの説明がありました。前回の記事で、エンジョイエンデューロは正真正銘初心者向けのレースだと言いましたが、

 

 

 

あれは嘘でした。

 

「スタック」「埋まる」「ジャンプ」など、思ってたのと違う言葉がコース説明の中で散りばめられていて、3人とも「・・・・・・・(顔面蒼白)」。

 

 

 

 

晴れてたら状況は全然違ったんでしょうけどね。

 

f:id:chii_mei:20171030194058p:plain

 

 今回のコース図です。モトクロス用のコースを中心に、時々わき道に逸れてクネクネセクションなどが追加されています。星印がスタックしやすいポイントです。そのほか、コース外となるの岩ゴロゴロセクションや、池??などが自然と用意されていました。

f:id:chii_mei:20171030194427p:plain

 

10:15 練習走行

 そして本番を前に、約45分の練習走行がスタート。マーシャルの方にくっついてコースを覚えます。早速、この前買った中華カムをアゴマウントして出発!

 

いくぜ!

f:id:chii_mei:20171030212845p:plain

 

通称「富士山」の山頂直前の様子。この後、お尻がフワっと浮いてビビりました。

f:id:chii_mei:20171030213145p:plain

 

早速ぬめぬめの路面でコントロールを失って、変な方向へ。

f:id:chii_mei:20171030223742p:plain

 

 

2周回って早速ヘトヘトになったところで、Y君へチェンジ。

YZに乗り込むも、、、、クラッチが繋がらない!

f:id:chii_mei:20171030224531p:plain

 

 

 その後、ゆっくりとコースイン!時々スタックしながらも確実に前に進むY君。その後、自分らからは見えない場所に入り込み、再び現れるのを待ちます、、、、

 

 

 

 

 

 

待ちます、、、、、ダイジョウブ?

 

 

 

 

 

 

 

ハヤクモドッテキテ、、、、、、、、、、、、、、、、、。

 

 

 

あれ、出てこない?どこかでコケてケガしてないか心配になり、場所を移動し始めたときにやっと現れて一安心!

 

がしかし、、、半周ぐらいのポイントでとうとう力尽きてしまいました。マーシャルの方に助けてもらって、外のエスケープルートを通って自分らのもとへ帰還。

「体力、メンタル両方やられてしまった」との本人談。骨は折れなかったけど心が折れてしまったようで、練習走行を最後に今日は写真係に徹すると彼は固く誓ったのでした。

f:id:chii_mei:20171030224116p:plain

 

とここで、45分の練習時間が終了。結局「匠」は練習することなくぶっつけ本番です。まあ、匠だから問題ないよね!

 

11:30 レース開始

  ここでアクシデント発生!

なんと、アゴマウントの中華カムがポロリと落下。一番撮りたかった映像が今回は撮れませんでした(涙)。

 

 原因は両面テープです。ヘルメットと両面テープはしっかりと接着されていますが、マウントベースと両面テープの接着力が不十分なようです。予備の両面テープを付けてみましたが結局すぐに剥がれてしまいました。脱脂や、より強力な両面テープを使うなど、何らかの対策が必要なようです。

 

 こういうわけで、レース中のヘルカメ映像は無しで、カメラに収められたのは練習映像のみとなりました。

 

 第一走者が僕、そして第二走者が「匠」、架空の第三走者Y君(カメラ係)。

いよいよレーススタート!一人クラス、二人クラス、三人クラスいずれも同時スタートです。スタート位置は、今回のエントラントが少数のため同じラインからとなりました。

 

ドキがムネムネ!

 

スタート!

f:id:chii_mei:20171030230404p:plain

 

 

Y君撮影、ボクはこれでも結構頑張ってます。

f:id:chii_mei:20171030230738p:plain

 

写真撮ってもらって初めて気づく「棒立ち」、、フォーム修正しないとな。

f:id:chii_mei:20171030230838p:plain

 

ドボボボボー

f:id:chii_mei:20171030231914p:plain

 

富士山下り。写真では傾斜をあまり感じないですね。写真で傾斜を感じるところって一体、、、、

f:id:chii_mei:20171030231010p:plain

 

何週か回ったところで、「匠」にチェンジ!練習無しのぶっつけ本番です。僕のヘッピリフォームと比べていい感じ。

f:id:chii_mei:20171030231651p:plain

f:id:chii_mei:20171030231214p:plain

 

が、しかしY君が挫折したのと近い場所でやはりスタック!

マーシャルの方の力を借りて、何とか復帰!

f:id:chii_mei:20171030232046p:plain

 

 結局、3時間のエンデューロは「匠」とボクの二人で交替しながらなんとか完走できました。

 

今回レースには出場できなかったY君。また練習をして次回でリベンジです。

 

 

 全身ドロドロになりながら、3時間のレースが終了。遅いけれども、この瞬間がたまらなく気持ちいい!

f:id:chii_mei:20171030232926p:plain

 

ヘルメットもドロドロ

 

表彰式

 3人クラス、2人クラス、1人クラスの順でそれぞれ表彰されるということです。

結果は、、、、、

  

 

 

何と、3人クラスで優勝してしちゃいました。

 

 

 

商品は優勝記念グラスと長崎ちゃんぽん12食入り!

 

やったぜ!

f:id:chii_mei:20171030233439p:plain

 

 なぜ1位かというと、3人クラスは今回エントリーが二組しかいなかったからです。1人クラス、2人クラスの周回数、ラップタイムと比べると圧倒的に差がついているので申し訳ない気持ちでいっぱいです。

 

 

 

 こちらが、リザルトです。周回数17で1位のチームとは24周も差がついてます。ラップタイムについても5:54で一番早い人の1.5倍ぐらい時間がかかってます。もっと練習して、タイム縮めたいなぁ。

 

f:id:chii_mei:20171030234058p:plain

 

エンジョイエンデューロに参加して

 今回のエンデューロでは、3人チームでエントリーしたことからお互いに自分なりのアドバイスをできたり、空いた時間に上手い人の走りを観察できたりと、この先何を練習したらよいのかを考えるいい機会となりました。

 

 レースも後半になるとコース上でのラインディングにも少しずつ慣れてきて、スピードが出せるようになってきました。一番うれしかったのは、レースで初めて何人かを抜かすことができたこと。今までは前に人がいてもついていくばっかりで、その後離されるパターンばかりだったんですが、思い切って仕掛けてみました。ちょっとした駆け引きなどもあり、興奮してしまいました。よけいに沼にはまっていく感じ。

 

 免許取得中のY君についてはブーツ、ウェア、ヘルメット一式を購入したのにレース自体に参加できずに終わってしまったので、少し申し訳なかったですね。また練習に誘って、この3人チームでいつかエンデューロレースに出ると固く誓ったのでした。

 

f:id:chii_mei:20171031123955p:plain