🔰初心者が林道行ったりキャンツーしたりするブログ

オフ車2台(KTM 150XC-W, YAMAHA WR250R)とCBR650F、そしてロードバイク。バイク遊びやトランポいじりを書いています。

【準備編】日高2daysエンデューロ(HTDE)に出よう その1

チーメイです。


 この前の記事の中で少し触れましたが、今年の日高2デイズエンデューロ(HTDE; Hidaka Two-Days Enduro)に参戦する計画で動き出しました。


 日高2days自体、名前は知っていて面白そうなレースだとは思っていたんですが九州・山口県民のボクからすれば、あまりに遠い場所での話であり、バイクの輸送を考えると1週間は休みをとる必要があることから現実的ではなく、まともにレース参加を考えることはありませんでした。


しかし、

続きを読む

サバイバルイン広島に参戦

チーメイです。

 

 テージャスランチで行われた2019年G-Net第3戦・サバイバルイン広島に参戦してきました。


 G-Netといえば日本を代表するハードエンデューロのシリーズ戦。去年までのボクだったら出場するかを考えること自体、絶対に無かったはずなのに、JNCCのFUNクラスやビギエンのビギナークラスでは何となく物足りなさを感じはじめ、更にタイスケカップ上級クラスやビギエンのマスタークラスでとんでもないヒルクライムや難所を走破するライダーを見ていると「一度は経験し、走ってみたい」という気持ちが少しずつ沸いてきてしまったのでした。どうしてこうなった!?
 
 参戦への踏ん切りがつかないボクは「出るか悩む~」ってツイートしたところ、フォロワーのタクミさんなどから最後の一押しのメッセージをもらい、出場を決意したのでした。タクミさんアザーッス。


 天気予報を見ても6月30日は雨予報、初出場+雨予報+ハードエンデューロのトリプルコンボ。もうやけくそ。

 

続きを読む

福岡県のモトクロスコース築城エアライドパークに行ってきた

チーメイです。

 

 6月16日に福岡県にあるモトクロスコース・築城エアライドパークに遊びに行ってきました。ダートバイクZIMさんが企画したフリーライドイベントへの参加です。

 前日の雨によるマディコンディションも昼頃には乾き、ベスコンの中で走ることができ、最後にはドキドキの模擬レースも!

 このコースは殆どのジャンプがテーブルトップとなっていて、初心者にもおすすめです。

続きを読む

【CBR650F】九州最西端の平戸・生月島ツーリング

チーメイです。

 GWの5月2日に陸続きで九州最西端となる平戸・生月島にツーリングに行ってきました。九州ツーリングといえば阿蘇周辺を中心とした、熊本県・大分県がド定番ですが、今回は人混みを避け、長崎県の平戸島、生月島を選択。阿蘇と比べればマイナースポットだけど、なかなか見ごたえのある絶景が楽しめますよ!

 

f:id:chii_mei:20190513211555p:plain

 

 今回は車検を機に手放すCBR650Fとの最後のツーリング、、、、のはずが。

 

続きを読む

楽しみにしていたタイスケカップに参戦!


チーメイです。


 令和幕開けの5月5日、今年一番楽しみにしていたタイスケカップ(仮)に参戦してきました。


 このタイスケカップ(仮)は昨年まではルーツファクトリーカップという名称で行われていたエンデューロレースの後継イベントとなります。開催告知の段階で名称に(仮)がついていたので、いつ正式名称に変わるのかな~なんて思っていたら結局本番もタイスケカップのままでした。

 

(仮) って一体www 

f:id:chii_mei:20190509211834p:plain

ブリーフィングの様子(公式写真)

 

f:id:chii_mei:20190509211945p:plain

全員でガッツポーズ(公式写真)
続きを読む

ありがとうCBR、そしてようこそYPJ-XC


チーメイです。

 

 タイトルの通り、5年間お世話になったCBR650Fを手放し、YAMAHAのeMTB YPJ-XCを購入することにしました。

 

f:id:chii_mei:20190419214649j:plain

懐かしい四国ツーリングキャンプ

f:id:chii_mei:20190419214616p:plain

ようこそYPJ-XC

 

続きを読む

タイスケカップのコースづくり

チーメイです。

 

 5月5日に山口県の笛太郎ファームでタイスケカップというエンデューロレースが開催されます。タイスケカップは去年2回開催されたルーツファクトリーカップの後継イベントです。 エントリー締め切りは4月25日で、枠がだいぶ埋まってきているそうです。それぞれのクラスでしっかりと難易度も区分けされていて、レベルに応じて誰もが楽しめるイベントとなってますので、参加を迷っている人はお早めに。

 今日はそのタイスケカップのコースづくりに参加してきました。

 

f:id:chii_mei:20190414230315p:plain

 

続きを読む